中小飲食店を応援する会

冷めたピザは不味い

阿保

中小飲食店を応援する会の阿保です。

「30分以内にアツアツのピザをお届けします!
 もしも時間に遅れたらお代はいりません」

これはアメリカでドミノピザが大成長したときの売り言葉です。
(世界一有名はUSPとしても認知されてます)

そして日本に上陸したときも、

「30分以内にアツアツのピザをお届けします!
 もしも時間に遅れたら700円値引きします」

というシステムで、
一気に宅配ピザ市場を作り上げました。

前回のメルマガで、
消費者のネガティブな感情についてお伝えしましたが、

このドミノピザのメッセージも、
まさにネガティブ感情に焦点を当てたものですね。

つまり、

『ピザが冷めていたらイヤだ~』

という、
潜在的に抱えているネガティブな感情に、
スパッと切り込んだものなのです。

◎お客様に不安はないのか?
====================

僕の著書、
「お店の売上を倍増したいなら
お金をかけずにアイデアで勝負する!」に、

*約束を守るメッセージ(テーマ32)があります。

そこで書いたのが、

「不安を約束に変える」ということ。

美容室を利用するとき、、、

「髪を切ってサッパリしたい」とか、
「少し明るめにして遊んでみたい」とか、
「有名人のようなヘアスタイルにしてみたい」

などの、行動する理由があります。

これがニーズですね。

しかし、それと同時に、

「気に入ったヘアスタイルになるかしら?」
「自分での手入れは面倒じゃないかしら?」

などの、潜在的な不安も持っています。

そこで、、、

クオリティーに対する不安を解消するには、
【賞美期限】を明確に打ち出すことが有効的なんです。

「10日以内でしたら無料でお直しします!」

という約束ですね。

このように

潜在的な不安>>>不安解消の約束

を大きく打ち出すほどに、
それがライバル店との差別化になります。

・・・
・・・

では、飲食店の場合はどうでしょうか?

たとえば商品の値段がわからないお店は、
怖くて使えないですよね。
(ぼったくり犯罪は後を絶たないですが・・・)

また、商品名を見てイメージができない料理も、
怖くて頼むことができません。

お店の外から店内を覗いてみたら、
しかめっ面した強面の料理人と目が合ったら
怖くて暖簾をくぐることはできません。

こんな感じでチェックをしてくと、
けっこう不安要素を放置していることって
ありそうです。

ですので、
初めて利用するお客様の気持ちになってみて、
一度自分のお店を見てみませんか?

まだまだ不安解消できることが見つかるハズです。

・・・
・・・

今日も読んでいただき感謝します!

ありがとうございます。

◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎3つの無料レポート
1回目: 超瞬速マーケティング
2回目:Wコンテンツ戦略
3回目:飲食店非常識経営法
http://hanjou-pj.com/report_request/

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎東京の社長.tv<より良い店舗経営をより良い人生につなげる>
http://tokyo-president.net/css.maeda

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読
https://goo.gl/ImlG9w